オリジナルTシャツに使われる生地とお手入れ方法

せっかくTシャツをオーダーで制作したのですから、美しいまま長く着用したいと思いますよね。
Tシャツはなぜ痛んでいくのしょうか? Tシャツの痛み方として、色あせやプリント部分の劣化が挙げられます。

Tシャツは日光を避け、熱を直接プリント部分に伝えないようにしておく方が長持ちします。 摩擦を避けることもTシャツ長持ちの秘訣です。 Tシャツのプリント部分は洗濯の際にも傷ついてしまうので、裏返して洗濯すると良いでしょう。

洗濯ネットに入れて洗えば余計な摩擦を防ぐことができます。 Tシャツの劣化でよく起こるのが、首元がよれよれになってしまうことです。 首元がよれよれになるのを防ぐには輪ゴムを使って洗濯しましょう。
輪ゴムでTシャツの首元を縛って洗濯すれば、首元もよれよれにならずに長く着用できるでしょう。

オリジナルTシャツの生地は基本的に綿100%でることが多いです。 オリジナルTシャツに使う生地は基本的に綿100%でなくても、インク選びに注意すればOKです。 綿100%の素材を選べば、丈夫で洗濯が簡単ですが、乾くのに時間がかかってしまいます。

スポーツ等でオリジナルTシャツを作る場合はポリエステル等の化学繊維を使用した素材の方が向いています。